スポンサーリンク

映画「サイレントヒル」ゲームの実写化作品の中でもトップクラスの面白さ

大人気ゲームソフトの映画化。

続編の「サイレントヒル2:リベレーション3D」の前にこちらを視聴したのが、これはこれでめちゃくちゃ面白かったので記事にすることにした。

ゲームをプレイしたことがないのでどこまで原作に忠実かはわからないが、サイレントヒルの街の雰囲気が最高で、一気に映画の世界に引き込まれた。サイレンが鳴り響き、壁や建物が剥がれて消え暗闇が襲ってくる映像は非常に素晴らしい。

登場するクリーチャーもどれも不気味で恐ろしく、奴らが襲ってくるシーンはまさにホラー。とくにナースのシーンは強烈で、ドキドキが半端なかった。間違いなくベストシーン。

原作はプレイしたこはないが「デッドバイデイライト」で三角こと「エクスキューショナー」のことは知っていたので、やつが登場した時はテンションが上った。デカくて長い刀を引きずりながら迫ってくるシーンはゲームのまんまで、怖すぎ!

娘と街は一体どんな関係があるのかというミステリーを含んだストーリーも面白かった。数あるゲームの実写化作品の中で断トツじゃなかろうか。先述したが、サイレントヒルの街の雰囲気がとにかく最高なんよね。あの映像だけでも見る価値はある。

ラストの終わり方もよい。物語の序盤、旦那が小学校で嫁と娘を探している時、妻を感じるんだというシーンでもあったが、同じ場所にいるはずなのにいない、すれ違う展開がこれまたいいのよね。自宅に帰ってきたもののあちらの世界からは戻ってこられていないというバッド・エンドがすっごい好き。

あとスコアも良かった。ピアノの音色があの映画の世界にぴったし。

内容、映像、音楽、最高でした。